特徴と違いを知る

drug

ダイエットピルというものは実は大きく分けて2種類のタイプがあります。それは「食欲抑制剤」と「脂肪吸収阻害剤」の2つです。
食欲抑制剤はその名の通り食欲を抑えてくれます。服用することで脳の食欲中枢に作用して食欲を抑える作用があります。このおかげで無理な食事制限をする必要がなくなってダイエット成功後もリバウンドしにくいのです。
いっぽう脂肪吸収阻害剤は、脂肪の吸収を抑えてカロリーを制限します。脂っこい食事が好きな人には、この脂肪吸収阻害剤を服用してのダイエットが向いているでしょう。

ダイエットピルというものもあれば、ダイエットサプリというものも存在します。これらの違いはいったい何なのでしょうか。
まず、ダイエットピルは医療機関のみで処方されているやせ薬のことです。効果で出る仕組みが明らかにわかっているので薬として扱われています。
薬というものは、原因に直接的に働きかける効果を持っています。その効果は絶大ですが、副作用を感じることもあります。
ダイエットサプリというものは、健康補助食品というカテゴリーに当てはまります。つまり、病院などでなくても気軽に手に入るのがサプリメントです。
サプリメントというのは足りないものを補う目的で使用します。健康維持・増進のサポート食品という風に考えるといいでしょう。
確実に痩せたいという人はダイエットピル、普段行っているダイエットに補助を加える程度で良いのならば、ダイエットサプリという考えも良いと思います。